何が⽇本を破壊しているの?
──インターネット、ポピュリズム、新⾃由主義、それとも?
TALK EVENT, 2021/11/28 15:00-19:30 @Osaka
“elabo”は、「詳しく述べる、ていねいにつくる、磨きをかける」という意味をもつ“elaborate”と日本語の「選ぼう」を掛け合わせた造語です。私たちはこの言葉に、強制でもなく同調圧力でもない、私たち自身が思考し、語り、選択するための主体性という意味を込めています。
Get the ticket
概要
私たち「elabo(エラボ)」は「考える」「議論する」「選ぶ」ために存在するWebサイトです。だからこそ、初めてのトークイベントには、現在最も鋭い問題提起を⾏っている⼈のなかでも選りすぐりに勇敢なお⼆⼈を、敬意を持ってお招きしました。

ラッパーのMoment Joonさんは、今の⽇本にあって「リアル」な⾔葉を紡ぎ出す詩⼈です。差別する側も差別される側も無数の名称や「イズム」を⽣み出す現代にあって、個⼈であり続け、本当に暴⼒を告発する表現をどのように探していけば良いのか、お話を伺い、議論したいと思います。
経済学者の成⽥悠輔さんは、⼈々の不満の吐⼝に過ぎない現⾏の⺠主主義は無⽤だと語ります。また今⽇の⽇本では、経済的格差の解決よりも、ダイナミックな創造性を取り戻すことこそが必要なのではないかと問題提起をなさっています。今回のトークでは、今なお⺠主主義に可能性を探ろうとする若き政治家志望の⼩林さんを筆頭に、機能不全の⽇本しか知らないZ世代からの質問を受けつつ、⽇本社会にどのような突破⼝があるのか共に考えていただきます。
ゲストスピーカー
Moment Joon(モーメント・ジューン)
移⺠者ラッパーとして、唯⼀無⼆の⽬線を⾳楽で表現する。2019年に「Immigration EP」を発売。2020年にアルバム「Passport & Garcon」をHUNGER、JUSTHISの客演を迎えリリースしジャンルを越え⼤きな反響を呼ぶ。2021年には「Passport & Garcon」のDXをYoung Coco、蔡忠浩(bonobos)、KIANO JONES、あっこゴリラ、鎮座DOPENESS、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)等の客演を迎え⼤きな話題を呼ぶ。その他NIKE、i-D Japanによる「フューチャーチェイサーズ」、Red Bull RASEN等のさまざまな媒体にも出演。執筆業では、『⽂藝』(河出書房新社)秋季号で4万字にわたる⾃伝的ロングエッセイ「三代 兵役、逃亡、夢」を執筆後、岩波書店のWeb連載「⽇本移⺠⽇記」が書籍化され、2021年11⽉26⽇発売。多⽅⾯での活動のなかで、今の⽇本に必要なこと、今の⽇本に届いて欲しい⾔葉を、彼にしか⾒えない、彼にしか書けない⽬線で届け続けている注⽬の存在。
©三橋優美⼦
成⽥悠輔(なりた・ゆうすけ)
研究者・事業者・執筆者。 東京⼤学⼤学院修⼠課程修了後、マサチューセッツ⼯科⼤学で博⼠号取得。昼は⽇本で半熟仮想株式会社代表、夜はアメリカでイェール⼤学助教授。 専⾨は、データ・アルゴリズム・数学・ポエムを使ったビジネスと公共政策(特に教育)の想像とデザイン。サイバーエージェント、ZOZO、学研、独⽴⾏政法⼈経済産業研究所、ニューヨーク市、シカゴ市などと共同研究や事業を⾏う。連載=「未来の超克」(『⽂學界』⽂藝春秋)、「データで社会をデザインする──機械学習・因果推論・経済学の融合」(⽮⽥紘平⽒と共著、『経済セミナー』⽇本評論社)など。「報道ステーション」(テレビ朝⽇)コメンテーター、ひろゆき⽒と「Re:Hack」(テレビ東京&⽇経新聞)企画出演。その他各所、各紙誌でコラム執筆を⾏う。
会場
千⿃⽂化 1階ホール(⼤阪市住之江区北加賀屋5-2-28)https://tabelog.com/osaka/A2701/A270404/27101187/
タイムテーブル
チケット
料⾦:学⽣限定 1,800円、⼀般 3,500円
Get the ticket
Talk Event
2021/11/28
SUN
@千⿃⽂化 1階ホール